2016年07月

    show_img
    1: 名無しさん@おーぷん 2016/07/04(月)18:27:39 ID:7Bf
    横浜「おかのした」

    中堅 桑原 .301 06本 OPS.821
    二塁 宮崎 .295 08本 OPS.878
    遊撃 倉本 .311 00本 OPS.699
    捕手 戸柱 .234 01本 OPS.544

    【他球団「横浜はセンターラインが固定できないから弱い。強くなりたきゃ固定しろ」】の続きを読む

    20160608-00058613-roupeiro-000-7-view
    1: 名無しさん@おーぷん 2016/07/03(日)18:46:04 ID:C06
     カナダ現地時間7月2日(土)18時(日本時間7月3日(日)7時)より、四国アイランドリーグplus ALL STARS (IL選抜)とキューバ代表との親善試合が、カナダのケベック州トロワリヴィエールで行われました。

     先発を任されたのは福永でしたが、1回表に先頭打者を四球で歩かせると、暴投と内野ゴロの間に3塁へ進めてしまい、犠牲フライで1点を先制されます。
    続く2回表には、先頭打者にツーベースを許すと、ヒット2本で1点を追加されて0-2。3回表からは正田がマウンドに上がりますが、一発を浴びて0-3とします。

     4回表からは間曽、秋山、佐藤がそれぞれ1回を無失点で抑えます。特に佐藤はキューバ打線から3者連続三振を奪う活躍をみせました。
    しかし7回表からがマウンドに上がった嘉数が、1発を浴び、これで0-4とします。8回表からは岸本がマウンドへ上がり3人でピシャリと抑えると、ここまで無得点だった打線が奮起します。

     先頭の林がエラー、ザックが四球を選んで1塁2塁とすると、加藤のタイムリーツーベースでキューバ代表からようやく1点を奪いとります。なおも2塁3塁の場面で、橋本がバットを折りながらもボールをセンター前へ運び、2点を返して3-4と1点差に詰め寄りました。

     9回表からは平良がマウンドに上がると、四球で出したランナーを犠打と暴投で3塁へ進めると、センター前ヒットを打たれて1点を献上。スコアを3-5として9回裏の攻撃を迎えますが、2点差を跳ね返すことはできませんでした。
    http://www.iblj.co.jp/news/4400/
    no title

    【「四国IL選抜 vs キューバ代表」の結果】の続きを読む

    このページのトップヘ